気づいた人が修正係

……とは、言いますけどね(苦笑)
何のかの、今日は一日、ずっと何かしら書いてました。ははは。
一先ず、明日からは、通常運行に戻りたいと思います。
詳細記事については、今週中を目処に書きたいなぁと思ってますので。
noteのマガジンも、本当は書きたいんだよぅ。

余りにもトンデモ(?)なので、今まで積極的に書きませんでしたが。
各種集合意識(?)との対話は、実は、5月の終り頃から始まっていました。
正直、最初は半信半疑だったんですよねー。
彼の高次意識にしても、低次元側と高次元側の両方が存在して、
更に、ツインガイドも、低次元側と高次元側の両方が存在して、
もう、何処まで”登場人物”増えるんだ、いい加減にしろー、と思ってたくらい。
他にも、彼の飼い猫(わず?)の猫又(通称・もふもふ)とか、
5次元より上らしき、死神さんとか、龍さんとか、マジかよーっていうね(涙)

で、実は、女性側ガイドの集合意識とは、もう何回か喧嘩(笑)してて、
その度に、いつも「あなたは、私たちに無い発想ばかりする」と言われてました。
あと、7月に本気で死にかけたんです。冗談でも誇張でもなく。
喘息と何かしら併発してて、その直後に手足口病が発覚したんですけども、
子供との接触は皆無なので、恐ろしく、免疫低下していたと思われますが。
その直後、具現化について”何か”に、望むか否か訊かれたんですよ。
もちろん具現化する、と応えたら「具現化選ぶなら、死ね」と罵られまして(笑)
その時の私としては、いやいやいや、もう死にかけたしw でしたけどね。

先日の”軟禁事件”の時も、お見合いBBAなガイド集合意識に対し、
「何で、変な足止めなんかするの!」とか癇癪起こしたら、
また別の”何か”が出て来まして。
「どうして、気づくの? あなた、騙されないの?(チッ)」って。
挙句、ファンタジーとかで何百年か経つと復活するパターンあるでしょ?
今は、取り敢えずいなくなってあげるー。バイバイ。って。
なので、私が生きてるうちは二度と出て来るな!って言い返しましたが。
アレは、一体、何だったんでしょうか??(訊くなよ・笑)

文章にすると、厨二病なファンタジーっぽくて、アレですが。
世の中のファンタジー作品は、何かしらアカシック拾ってますからね。
因みに、アカシックにも”パチモン”あるから要注意なのよー。
もしも、これ読んでる人にリーディングする人がいましたら、
アルシオネ(プレアデス)ではなく、トゥバンへアクセスして下さいね☆
言うなれば、トゥバンは国会図書館。アネシオネは地区の図書館。
写本みたいなモノなので、似ているけど、原本と違ってたりするかもよ?
この根拠は、何かの機会に書きますねん♪

Twitter