徒然なるままに

唐突に「セッション終了します」のお知らせで、心配された方、スミマセン。
戴いたメールのお返事は、今日明日でお送りする予定です。
先週、セッションをさせて戴いた方のまとめメールも、今日中に何とか……。
まだ、自分の中でも全貌がはっきりしていない部分があるので、
曖昧だったり、抽象的だったりするかもですが、浮かぶまま書いて行きます。

まず、現実的な面のお話から。
セッションは、冬至(12/22)まで申し込み可能にしてあります。
なので、実際は1月いっぱいくらいは、必要な方には星の情報がお伝え出来ます。
以降は、新たに”繋がる”という形は、当面お休みすることになりますけど、
私の連絡先をご存知の方に関しては、個別にご連絡戴ければ(笑)
今回、結果的に半年ほどしか、セッション的なことはしなかった訳ですが。
多分、お互いに必要な方と出逢えましたし、お伝えすべきことは出来たかと思います。
人間意識的には不承だけど、今はまだ”不特定多数の人”と繋がる時期ではないみたい。

一部、2023年統合組の方とも出逢いましたし、ココへ来て下さってる方にも、
該当する方はいて、え?セッションやめるの?と心配されてる方もいると思うんです。
確かに、既存のスピ界隈では、継続的な活動(?)が当然だったし、
だから、私も具現化と同時進行でやって行くものだと思ってました。
でも、どうやら違うみたいで。少なくとも、私は”両立”させて貰えないようです。
では、後続の2023年組の人は、どうすればいいの?ってなるでしょうけど。
ぶっちゃけ、先行の2020年組が伴侶と合流しなければ、遅延するんですよ。
この辺りが、現実世界の「協力」とは違うトコ(汗)

私自身、まだ完全には納得出来ていないんですけども。
直接的ではなく、間接的なサポート?に切り替える必要があるというか。
今、エネルギーを注ぐのは、そちらではなく”具現化”です、ということみたい。
その間に、限界を迎えた”お花畑”は自然崩壊して行くので、
その”崩落”に巻き込まれないよう、退避する意味合いもあるようで?
準備が整えば、また何らかの”繋がり”が可能になると思う……のですが。
それまでの間、文字ベースで進めて行くしかないのかなー、と。
完全に「未知の世界」なので、確定的なことが何も言えないのがアレですね。

コレは、魂さん視点の話になりますが。
2020年組に関しては、もう「進む or 諦める」の選択が終わってるんですよ。
そして、2023年組は、2020年組の統合という基礎があって初めて進める。
だから、今はもう2020年遅刻組は来ないので、自分のコトに専念という流れみたい。
一部、前倒し(?)で2023年組の方とも出逢いましたが、
多分、それは私の休止期間に、何かしらの”変化”がある方かもしれません。
その辺り、本当、びっくりするくらい上手く出来ていますので。
人の縁は、絶対、人間意識の”遥か斜め上”を行きますから。

    *    *    *

結局、セッションとか、情報発信は”男性性”の領域なんですよ。
地球視点・人間視点で、幾ら「男女平等!」と喚いても、エネルギー的には違う。
陰陽とか、四元素、五行、分割の方法は色々あるけれど、
物質である以上は、ひとりで100%にはならない(なれない)仕組みなんです。
もちろん、その分割された「個」の中にも、男性性は存在するので、
一般には、その分割後の男性性で仕事とか、男性性領域のことをこなす訳ですよ。
でも、レイの場合には、融合の過程でそれらの”調整”が入って来る。
別に、女性が「働くな」という、単純な意味ではなく。

創造の”源”としての女性性は、女性から供給して。
それを”発展”させる男性性は、男性から供給する。
日々の細々としたことは今まで通りだけど、仕事に関することは変更??
……って、自分で書いてて、訳分からないんですが(汗)
多分、ずっとではないけど、融合の過程で動力変更?みたいになるっぽい。
ひとりからふたりへ、ってコトなんだと思いますが。
変な話、女性はサイレント以降、ひたすら自分に矢印向けて来たじゃないですか。
今度は、再び(部分的にですが)男性へ向ける?みたい。

私、以前から、女性性の使い過ぎは”硬化”する、と主張していまして。
なので、自己統合後は、男性側のプロセス進める為に、
女性性より男性性を意識して下さい、と伝えて来た訳なんですけども。
男性側が自己統合に至りましたので、今度は「男性性の出力減らしてね?」って。
いや、自分で書いてて、訳分からないんですが(2回目)
実際、セッション終了します宣言して、2日経ったら、創作意欲?戻ってて、
仕組み的なモノ、ちゃんと説明してる辺りで”正解”なんだろうなぁ(遠い目)
本当、面倒臭い仕組みだと、いつもいつも思うんですけど。

この辺り、人によって、どの分野?に顕れているか分かりませんし、
どの程度までは”自己完結”してもOKなのか、匙加減も色々だと思います。
飽くまでも、私自身に限って言えば、にはなりますけども。
サイレント期に”中断”した「料理」へベクトルを向けたら、こうなりました(汗)
そして、反対にサイレント期に理解を深めて、辿り着いた「星読み」が一時停止。
でもね。どう考えても、星との繋がりは一過性ではないんですよ。
子供の頃から、計画的に”学ばされていた”としか思えないんです。
そう考えると、彼との合流後にまた何かしらの形でやるんだろうなぁ、と。

人間意識的には、↑って完全に「無駄・非効率的」って感じるし、
実際、それで「納得出来ない!うがー!!」ってしてたんですけども(笑)
でも、それも”物質主義”の結果主義?な害毒なんでしょうね。
魂レベルでは、結果には全く興味がなくて、単に過程を経験したいだけだから。
所詮、結果は、その”経験”に付き合った”ご褒美”的なモノなのかも?
それならそれで、もっと魂さんと「旅の仲間」になりたいんですが。
自分の”上”とは、余り意識的に繋がれないんだよね……コレも”仕様”かな?
そんな訳で、一先ず、昨日一昨日の補足記事でした。

月別投稿一覧

Twitter