未体験ゾーンの始まり

単なる自己統合、自己変容なら、多分、そうした”ラベル”を貼らないだけで、
今までも、大なり小なり、経験して来た人は大勢いると思うんです。
実際問題、その”きっかけ”自体は、別に恋愛に限定しなくてもいい。
だから、スピ恋愛という”カテゴリ”は少し特殊で、憧れる人も出て来るのかな?
結局は、それも「結果(魂の伴侶)」に対するバイアスなんだけども(笑)

入口が何であれ、魂レベルの目的は自己統合、自己変容なんだよね。
その上で、男性側の魂と、単に「目覚まし役」だけではなく、
女性が男性(人間)の「目覚まし役」もする”契約”になっているかどうか。
この契約があって、初めて現実レベルで一緒に暮らす、へ繋がる。
そして、更に面倒なのが、男性(人間)の自己統合プロセスに対して、
女性が、物理で何かを教えて行く、では、どうやらなさそうだということ。
もちろん、別ルートでの合流・統合する人も存在するでしょう。
とはいえ、ここは「私」の経験を語る場所ですから。

   *    *    *

私は、2014年3月に彼と出逢い、2017年3月に”サイレント”に入り、
2018年9月に一時的な再会(=交際には至っていない)を果たしました。
お互いにバツイチで、サイレント前にデートも経験していない状態です。
この時間経過をどう思うかは、読む人の自由ではありますが(笑)
1つ言わせて戴くと、彼は私の生活圏にいる人ではなく、仕事上の関係も無い。
星での相性も「成就まで時間の掛かる組み合わせ」になるくらい。
なので、多分、通常の何割増かの時間が掛かっているのだとは思います。
しかし、それも全部、ふたりの”星”には表れているんです。

だから、最終的には、各々の星を読む必要はありますけど。
一先ず、自己統合前に同棲したり、Sexはしていないパターンになります。
邂逅 → サイレント → 一時再会 → 自己統合(自分)→ 自己統合(男性)
の順に進んで、2020年を迎えた状態です。
かつての”情報”では、サイレント後は再会→交際開始のように言われていた為、
私のように、自己統合プロセスが先に来ている場合は、
旧情報信者から「サイレント明けしていない」と因縁つけられたりします(笑)
(交際という”形”でしか、モノを見れないんですねー)

一方で、再会→即交際を唱えているBlogの多くは、出発点が”不倫”です。
しかも、関係を持った時点では、まだ離婚が成立していなかった人たちばかり。
これはもう、富士山にも、幾つか登山ルートがあるのと一緒。
明らかに”別ルート”を歩んでいる人々なので、比較対象にはなり得ません。
結局、サイレントっぽいとこを過ぎて、再会しないと明らかにはならない。
とはいえ、魂レベルでは全部”決めて来た”ことなんです。
人間意識側が、幾ら「交際ルートがいい!」と願ったとしても。
魂側の”行動計画表”になければ、叶えられることはありません。

   *    *    *

……と、前置きが長くなりましたが(汗)
私と似たルートで、一時再会したのに”交際ルート”ではなかった人は、
もう、潔く”自己統合ルート”だと認めて、前進して下さい。
真に、お相手が”魂の伴侶”であれば、その先に男性の自己統合プロセスが在ります。
ただし、残念ながら、交際しつつ、男性に「教える」ではないようです。
実際に、このプロセスが何パターンあるかは、分かりません。
少なくとも、今現在、私が経験しているルートでは、そうなっています。
私の場合は、彼の魂意識を間に挟んだ”三者通話”の状態で進んでいます。

もちろん、ダイレクトに彼側の意識と疎通が取れない人もいるでしょう。
その場合でも、女性の気づきや価値観刷新が、男性のそれらと繋がっています。
特に、女性の「お金と仕事」に対する価値観が重要のようです。
これは、決して単純に”自立”を勧めている訳ではなく。
もっと、根本的な部分での「お金と仕事」への向き合い方のようなモノ。
(そもそも、自立した方がいい・しなくていい論争は、二元論ですから)
まだ上手く表現出来ないので、アレなのですが(汗)
魂視点では、常に「結果ではなく、プロセス重視」だということ。

現実世界では、脊髄反射的に「結果重視で考える」になってるんだよね。
例えば、仕事を探す時も、時給や稼働時間が”入口”になってる。
問題は、時給や稼働時間有りきで考えること、ではなく。
本来ならば、何をしたいかが”入口”になるはずなのを「忘れている」こと。
目的の為に、無意識のうちに「自分」に我慢を強いていること。
別に、時給や稼働時間ベースで探してもいいのよ?
ただ、一方で「あ、ここは我慢してるかも?」と気づけばいいだけ。
本当に、ただそれだけのことを拒んで、見ない振りをしてしまうの。

まるで、認めたら、即転職が必要になる、みたいに。
つまり、内心では、即転職が必要になるくらい、我慢に我慢を重ねてる。
でも、片付けていない物置に、新しくモノが入らないのと一緒で、
まず、その”我慢”を片付けてあげないと、お相手の入るスペースがありません。
男性レイのエネルギーは大きくて、嵩張りますから(笑)
心の物置を片付けて、掃除もして、綺麗にしないと迎え入れられないでしょ?
云十年分のガラクタの詰まった物置、開けるのは勇気が必要でしょう。
それでも、大切な”伴侶”を汚い物置に入れたいですか??

女性が片付ければ、男性も片付ける。
ふたりが互いに片付けて行かないと、物理的な距離を近づけることが出来ない。
恐らく、エネルギー値の大きい(=嵩張る)ペアほど、この傾向だと思います。
ツインミラーも無く、男性が”自己と向き合っている”感がある人は特に。
伴侶の彼のことなら、女性にも容易く推測出来ると思います。
あなたの彼が抱えている”トラウマ”は何ですか?
どうぞ、そこへ目を向けて、あなたの中に在る”相似形”を探して下さい。
そして、心の中でお相手に、新しい価値観を語りかけて下さい。

男性の自己統合プロセスは、言わば「内側の彼を育てる」という作業です。
直接、お相手の魂意識と話せる方は、沢山話して下さい。
上手く疎通出来ない場合も、お相手の魂意識は必ず傍に在ります。
お風呂や就寝前など、是非、話し掛けてみて下さい。
すぐに”答え合わせ”の出来ない作業ですが、必ずシンクロが起こり始めます。
この辺りはもう、ツインガイドや魂意識にとっても”未体験ゾーン”です。
どんどん試して、自分で調整して行くしかないプロセスです。
過去の古い情報に”正解”を求めないで下さい。

女性の自己統合の際、見えない世界のサポートがあったように。
男性の自己統合では、見えない世界の”彼”をサポートする存在が必要です。
つまり、物質世界を知っている、人間としての女性がサポートするのです。
女性の自己統合は、下から上へ。
男性の自己統合は、上から下へ。
陰陽の仕組み上、人間女性のサポートがなければ、男性は統合が進みません。
スピ恋愛という”きっかけ”から、自己統合すると決めている限り。
男性の自己統合は、女性と魂意識の二人三脚で進めて行く必要があるのです。

月別投稿一覧

Twitter